Noita Wiki
Advertisement

This article is a stub. You can help Noita Wiki by expanding it.

バイオームの概要[]

雪のどん底(Snowy Depths)はゲームの第3メインエリアであり、凍った岩で作られた氷の洞窟です。

Noita snowy depth i01.jpg


構造[]

雪と岩の大きな塊で構成されており、多くの場合、壊れやすい氷によってのみ互いに​​接続されています。

大きく開いた通路が行き止まりになることはめったにないため、道なりの探索でも迷うことはあまりありません。

地表以外では、雪のどん底ははゲームで最もオープンなバイオームです。

揮発性の青いガス缶や、爆発物が点在します。

エリアの特徴[]

  • ヒーシの拠点となっている金属製の部屋が存在し、内部は数体のヒーシがガードしています。ワンドが設置されていることもあります。
  • 金属製の梁とパイプがあり、そのいくつかは壊れており、可燃性ガスが空気を覆っています。
  • 大量の酸を保管している大きな金属とガラスからなる容器があります。


探索のヒント[]

  • このエリアのヒーシや戦車は強力な兵器で武装しており、正確に長距離の射撃を行います。
    • 開放的な空間が多いため、プレイヤーはしばしば画面外の見えない敵からターゲットされます。
  • Thunder Mage は特に強力な敵のひとつであり、あなたがより深くへの探索を望むのならば相手をすべきではありません。
  • 壊れやすい氷はスペルにより崩すことができ、崩落に敵を巻き込むことで効率的に処理できます。

出現する敵[]

たくさんの新しい敵や致命的な敵がここに現れ、ゲームの難易度を大幅に高めています。

出現率がレアな敵:

  • Thunder Mage
  • Giant Worm (常に少なくとも1体以上は出現します)


生成されるオブジェクト[]


壊れやすい氷[]

Noita snowy depth i05.jpg

壁やつららとして、壊れやすい氷がいたるところにあります。

スペルによって崩すことができ、巻き込まれた敵は絶命します。

ヒーシの拠点[]

Noita snowy depth i03.jpg

鋼によって構成された小部屋です。

内部には多数のヒーシがおり、爆発物やワンド、最大ライフ追加などのアイテムが設置されることがあります。

破損した鋼の梁とパイプ[]

Noita snowy depth i04.jpg

折れた金属製のパイプからは可燃性ガスが放出され、付近に充満しています。


ガスタンク[]

Noita snowy depth i06.jpg

凍結液の入ったタンクです。

ダメージによって穴が開き、凍結液を噴出します。

液の噴出による圧力により、周囲を飛び回る事があります。

一度に大きなダメージを与えるか、もしくは穴が開いてから一定時間経つと爆発し

凍結液と、急速に蒸発した凍結ガスを放ちます。

爆発に巻き込まれた際のダメージが100以上になる場合もある事に注意してください。


スノーマン[]

Noita snowy depth i07.jpg

稀に見かけることがあり、特別な仕掛けは見られません。

衝撃によって倒壊します。



接続エリア[]

最下部のポータルからはヒーシの基地へと到達出来ます。

北東には、溶岩湖鉱山につながる大きな坑道があり、地表まで戻ることができます。

西には魔法の神殿があり、暗闇に閉ざされた内部を探索するには特別な手段が必要です。寺院の向こうにはオーブルームがあります。

Tips[]

  • 最下層が雪と氷で覆われている事があり、聖なる山へのポータルが氷の地面に閉ざされている事もあります。
  • 溶岩湖鉱山につながる縦坑は多くのヒーシが警護しており、リーダーとしてビッグヒーシも配置されています。
    • 彼らの射撃はとても正確です。突破する場合、インビジビリウムや強力なワンドなどの準備が必要です。