Noita Wiki
Advertisement
Noita magical temple i01.jpg



魔法の神殿



魔法の神殿


魔法の神殿(Magical Temple)は暗闇に覆われたレンガ造りの通路です。

非常に暗く、視界がほとんどありませんが、暗闇の洞窟とは異なり一度通った道は視認可能になります。


魔法の神殿(雪のどん底)[]

雪のどん底の西にあり、更に西の壁の先にはオーブの部屋があります。

このページにはネタバレが含まれています。注意して読んでください。

迷宮の真上にある洞窟には???があり、中にはKuulokiviが入っています。

迷宮の真上にある洞窟には???があり、中にはKuulokiviが入っています。

迷宮の真上にある洞窟には???があり、中にはKuulokiviが入っています。


魔法の神殿(芸術の神殿)[]

芸術の神殿の東にありますが、三角形の彫像が通路を塞いでいます。
彫像は放射物を弾き返しますが、穴を開けることは可能です。
正しい手順を踏めば、三角形は覚醒します。


出現する敵[]

Epäalkemisti
Kadotettu alkemisti
Valaistunut alkemisti
Hohtonaamio
Kiukkukalma
Spiraalikalma
Taikasauva
Haavoittajamestari
Palauttajamestari
Sätkymestari
Maadoittajamestari
Hahmonvaihtaja


生成されるオブジェクト[]

燭台
青く燃える燭台です。

壊れても、鉱山のランタンのように延焼することはないようです。

Noita magical temple i02.jpg
スカルやボーンがあちこちの床に散らばっています。

チェーンソーのような掘削性のあるスペルを使うと砕け散ります。

Noita magical temple i03.jpg
猛毒ヘドロの地形
このバイオームは、地形の多くは猛毒ヘドロを含んでいます。

探索時には、放浪する杖の投射物などで既に破壊されて 重度の暗闇のために視認不能な、猛毒ヘドロ溜まりとなっていることも少なくありません。

Noita magical temple i04.jpg


ヒント[]

  • 神殿の視界は非常に悪いため、以下のどれかの準備を推奨します:
    • 蠕虫の血を飲むと、限られた時間だけ全てを見通すことができます。
    • お見通しパークは広い領域の暗闇を取り除くことができるので、魔法の神殿を探索するのに役立ちます。
    • たいまつはプレイヤーの周りの小さな領域を明らかにします。
  • 透明化のフラスコは視界外からの攻撃や、不意の敵との遭遇を回避するために有用です。
  • 一部の通路には猛毒ヘドロが存在するため、未踏の場所への進行は常に警戒が必要です。
  • このエリアの2体の敵、 スピリアルファントム (Spiral Phantom) と アングリーファントム (Angry Phantom)は暗闇の中でも姿を確認できます。
    • ステヴァリ (Guardian)は暗闇の中では見えませんが、一定のノイズを放っており、その音から存在を検知できます。
  • 全ての敵の中で魔法の杖 (Magic Wand) が最も危険かもしれません。
    • 発見時には予測不能の魔法を放つため、暗闇からの急襲は容易にプレイヤーを死に至らしめます。
Advertisement